今、電器屋さんに並んでいるパソコンが

ウィンドウズ8.1というOSの入っているものですが、

まもなくウィンドウズ10という新しいウィンドウズの入ったパソコンが

発売されるとすでに発表されています。

予定では、発売日が7月29日。

すでに、ベータ版(一部の人に体験してもらって、

不具合を発見したり、使いやすさを確認してもらって

修正箇所を検討するためのもの)が出ていて、

ちょっとずつどんなウィンドウズになるのかが

知らされてきています。

一方で、一般ユーザーのパソコンには、

タスクバーの右下の方に、ウィンドウズ10にアップグレードするための

予約ボタンなんぞができていますし、ウィンドウズの更新プログラムを

ダウンロードするページにもウィンドウズ10のPRが出ています。

新しいのにすぐに変えなきゃ…と、今すぐ予約したいところですが、

私としては、ちょっと待って!と言いたい。

パソコンの中にはいろんなソフトが入っていて、

どれもOS(ウィンドウズ)のベースの上で作動していますが、

これが変わると、もしかすると動かなくなってしまうものも出てきます。

通常、新しいウィンドウズに変える前に、

ソフトやハードウェアが新しいウィンドウズで動くために必要な

アップデートを導入(インストール)してから、

ウィンドウズをアップグレードしてあげるのがセオリーなのです。

マイクロソフト(ウィンドウズを制作しているメーカー)もその辺考えて

いるとは思いますが、それでも

ウィンドウズ10を慌てて入れてしまわないで

きちんと周りのものを最新の状態にしてからにしましょう。

更新作業は各社違っていて、複雑なことも多いので、

ご相談いただければ代行いたします。

前回のウィンドウズ8/8.1の時は、

私も甘く見ていて、一律2千円(教室の生徒さん価格)と

してしまったのですが、メーカーによっては結構大変な作業でした?

今回はもうちょっといただくかもしれません。m(__)m

まずは、自分で作業してみてから…