突然ですが、「相続」の話し…

教室長の吉田です。
今回はパソコンの話題からしばし離れてしまいますが…
 MXLLS
ご存知の方も多いですが、こう見えて私、
ファイナンシャルプランナーの資格(AFP)を持っておりまして、
10日の土曜日に、「不動産の相続」に関するセミナーに
参加してまいりました。
とある生徒さんに、相続に関してちょこっと尋ねられていて、
そこのお宅で不動産(賃貸マンション)をお持ちだったりして、
なかなか自分の中でホットな話題だったので、
楽しくセミナーを受けることができました。
よくされる話しで、財産を不動産で所有することが
相続税対策になるというのを聞いたことがあるでしょうか?
現金だと、まるまる全額が相続財産として計算されるのに対し、
不動産だと、例えば土地は多くの場合、
「路線価」で相続財産の計算をしていきますが、
その「路線価」は「公示価格」の8割を基準に決められています。
その土地の形状だの、立地だので、調整が入ったりもしますが、
単純に考えて、その部分だけで2割の節税になるのです。
更に、小規模宅地の特例とか、借家契約の有無だったりとか、
相続財産の計算で有利なことがいろいろとあるので、
万一に備えて、現金をお持ちの方(羨ましい!)は
不動産購入を検討されるのもよいわけです。
一方で、相続時に、財産が不動産だった場合のデメリットもあります。
それをここで書き出すと長くなってしまいますので、
もしもご希望者が集まるなら、
セミナーを教室で開催して、いろいろとご説明しようと思います。
ご興味ある方はおっしゃってくださいませ。
最後に、ひと言!

相続の話しは、相続する側(子)ではなく、

相続される側(親)の責任!

時期はなるべく早め早めに持つべし。

相続のこと、家族で話すなんて、何か心地悪い感じですが、
親が亡くなった時のこと、しかもその財産のことなんて、
子どもはもっともっと持ち出しづらいからね!