告知していた認知症予防イベント『認トレ教室』を、先週日曜日17日に開催しました。

笑顔が素敵なリン先生が東京から来てくださり、楽しい1時間半を過ごしました。中には、お母さんと一緒に参加の5歳の女の子も!!

認トレ教室の様子メインの認トレ体操は、脳に考える刺激を与えるための体操なので、年齢に関係なく、そうそう簡単にはできません(笑)80代のシニアの方も、先ほどの5歳の女の子も、もちろん私も(笑)、すぐに間違ってしまって、一同で照れ笑い。会場全体が和みます。この体操は、逆に、「簡単にできてしまうとあんまり効果はないんです」って。だから、できるようになってしまったら、またできない別の体操をした方がいいのだそうです。

体操の後は、知的トレーニングの方も、少しだけでしたが、脳の「アハ体験」を楽しみました。あのスッキリ!感もいいですね♪

1時間ちょっとの時間でしたが、参加者みんなで楽しい時間となりました。でも、リン先生も言っていましたが、認知症予防のトレーニングで大切なのは、教室で学んだ体験を日常生活にも持ち込んで、継続していくこと。1回楽しかった…で終わらせないことが大事なんですね。

 

 そこで!!

 

インターネットを使って、認知症予防のトレーニングプログラムを日常でも継続的に実践していくためのプログラム『認トレチャレンジ』(仮称)を、ただいま準備しています。

「認トレ教室」の次回開催や「認トレチャレンジ」の詳細については、また改めてご案内しますね。リン先生