2020年から小学校でプログラミング教育が必修化されることが決まっています。そして、数年前から小学生向けのプログラミング教室が各地で開講されるようになりました。

プログラミングを学ぶということは、将来プログラマーやシステムエンジニアにならなかったとしても、グローバル社会で求められる論理的思考や問題解決能力を育むことにつながり、今後もプログラミング教育の拡がりが期待できます。

ここでは、札幌でパソコン教室を開講する札幌EZパソコンスクール&テストセンターが、小学生向けのプログラミング教室の分類についてご紹介します。

プログラミング教室も多種多様!

プログラミング教室も多種多様!

数年前から全国的に拡がりを見せてきた小学生向けのプログラミング教室。これから子供を通わせたいと、教室選びをしている保護者の方々も多くいるかと思います。

ただ、一概に「プログラミング教室」と言っても、指導方法に違いがあるのはもちろんのこと、その学習内容も実はかなりのバリエーションがあり、教室を選択する際には念頭に入れて検討するべきです。

まず、最初の大きな違いは、実際のプログラミング言語を学んで、アプリやゲームのプログラム作成をする教室なのか、それともプログラミングを通して、プログラミング的思考の訓練や論理的思考力、問題解決力の養成を図る教室なのか、です。

前者はより実践的で、将来プログラマーになることを具体的に意識した教室である一方、小学生から始めるには難易度がなかなか高く、教室の数はさほど多くはありません。

それに対し、プログラミング教室の多くは後者のタイプであり、子供がプログラミングに今後も熱中するかわからなくても、将来プログラミングを本格的に学ぶ際には役立つベースを作ることにフォーカスが置かれます。

本格的な言語の学習まではしませんが、プログラミングのパーツをブロックのように組み立てていく「ビジュアルプログラミング」のソフトを使って、プログラミングの考え方を学びます。それに親しみ、興味を持てれば、中学や高校でプログラミング言語の学習に進めばよいし、そうでなくても理数系科目を始めとする幅広い学習で必要となる論理的思考力を育むことができるので、汎用性があってつぶしがきく教室と言えます。

この後者タイプのプログラミング教室も、更に2つの方向性で分けられます。1つ目は、パソコンやスマホ、タブレットの中で動かすアプリやゲームを作るアプリ系教室。もう1つは、ブロックなどを組み立てて作ったロボットを、パソコンなどで組んだプログラムで動かすロボットプログラミング教室です。この2つの違いは、以下で詳しく説明しようと思います。

アプリ系プログラミング教室VSロボットプログラミング教室

アプリ系プログラミング教室VSロボットプログラミング教室

アプリ系プログラミング教室とロボットプログラミング教室は、いずれもプログラミングのアルゴリズム(プログラムを組むための手順や手法)を学ぶことができる教室です。それぞれの特徴を説明してみます。

アプリ系プログラミング教室

アプリ系プログラミング教室では、パソコンやタブレットなどの端末上で、Scratch(スクラッチ)などのビジュアルプログラミングソフトを使ってプログラムを組んでいきます。教室にあるパソコンやタブレットを使うことができ、せいぜいテキスト代がかかる程度なので、教材などの費用負担が小さくて済むのが特徴です。

ロボットプログラミング教室

アプリ系教室と同様、ロボットプログラミング教室でもパソコンでビジュアルプログラミングソフトを使い、プログラムを組んでいきます。ただし、アプリ系教室がゲームやアプリを作るのに対し、ロボットプログラミング教室では様々なロボットを動かすためのプログラムを作ります。

ここでいうロボットとは、プログラムで動く機器全てを指していて、例えば、人が近付くと動き出すエスカレーター、暗くなると点灯するガーデンライト、振ったり傾けたりに反応するゲーム機のリモコンなど、多岐にわたります。

教材は、テキストに加え、ロボットを組み立てるためのブロックや、様々なセンサー類、モーター類、LEDライトやブザーなど、いろいろな機材を用意する必要があります。

費用面ではアプリ系教室の方が安価に学ぶことができて、学習への敷居が低い一方で、世の中の様々な機器の仕組みや動き方、空間認知など、プログラミング以外にも学びが幅広いこと、そして学んだ知識を応用できる汎用性の高さがロボット系教室の特長でしょう。

プログラミング教室は様々な種類があるため、子供の趣味や得意なことによってどの教室が向いているかしっかりと検討しましょう。

札幌EZパソコンスクール&テストセンターでは、ロボット系のプログラミング教室を開講しています。普通の教室のほか、親子での学びの時間の共有などを目指す「親子教室」もあります。

親が単に一方的に教えるのではなく、ともに考え、話し合い、相手の意見に耳を傾ける、相手に感謝するなどの親子教室ならではの時間を過ごすことができます。一緒に考えて問題を解決し、一つのものを作り上げるという経験は、子供にとっても親にとっても貴重な経験になるはずです。

札幌でも多くのパソコン教室などでプログラミング講座が開講されていますが、親子で参加できる教室はそれほどありません。札幌市内にあるパソコン教室をお探しの方や、教室での内容や料金が気になった方は、お気軽にお問い合わせください(親子教室は小学校低学年から受講可能)。

札幌でプログラミング教室に通うなら

教室名 札幌EZパソコンスクール&テストセンター
住所 〒001-0024 北海道札幌市北区北24条西5丁目1 北24条西5丁目1−13 加賀ビル1階
TEL 011-707-1385
URL https://ez-pcs.net/