パソコンで脳にも適度な運動を

こんにちは!インストラクターのなおこです。

ずっと家にこもってばかりで、体調は崩されてませんか?

 

コロナの感染者数が全世界で爆発的に増え、日本でも各地で急激な感染数の増加がみられています。

緊急事態宣言が全国に広げられ、ここ北海道も「特定警戒都道府県」に含められることとなりました。

不要不急な外出を自粛すべき状況ですが、家だけにこもるのも体調を崩してしまいます。

「3密」を避けつつ、適度に運動したりして、健康状態は維持していきましょう。

 

パソコン教室も、「3密」とならぬよう、また感染対策を徹底しながら

スタッフ一同、皆様をいつも通りにお待ちしております!

 

さて、当教室には、「速読・脳トレ」の講座があります。これを今日はご紹介します。

 

そもそも、パソコン自体をいわゆる「ボケ防止でやってるんだ」とおっしゃる生徒さん、結構いらっしゃいます。

生徒さんたち各々、Wordでいろんな文書を作っていたり、仕事の現役の時には部下にさせていたExcelをやってみたいという方もいたり、パソコンで絵を描いていたり、ネットでいろいろと検索してみたりされているんですが、どれもみな「楽しいから」されているというのが共通点。

「速読」というと少し難しく聞こえるかもしれませんが、ゲーム感覚で取り組める「脳トレゲーム」は、「ボケ防止」の目的にはまさにぴったり!

パソコンのゲームが、何も若い人だけが楽しむものでなくてもいいのです。

    

少し若い年代の生徒さんにも、まずは就転職用のパソコンスキルかもしれませんが、一段落したら速読にかかるというのも選択肢の1つです。

パソコン教室には、就職や転職に向けスキルを身につけるため通っていて、そのスキルが目に見えるよう、資格試験を受験される方がいます。

どんな試験にも言えることですが、まず、問題文を読まなければなりません。

そしてその指示通りに操作したり、選択問題であれば、選択肢の中から正解を見つけなければなりません。

その文章を理解力は落とさずに速く読むことができたなら。

試験全体にかける時間は短縮され、見直しをする時間を増やすことができます。

脳トレ

そうすることでケアレスミスを減らすことができ、合格率も上がることでしょう。

 

お仕事をしていく中で事務業務は、入力、数字等の照らし合わせ、書類内容に不備がないかの確認作業等があって、文字や数字、文章が常に関わってきます。

速読講座にはかたまり読みのトレーニングもあります。この照らし合わせや確認作業にはとても役立つはずです。

 

現状維持という言葉がありますね。

実は現状維持を続けるためには、常に向上を目指し続けなければなりません。

分かりやすいところで言うならばダイエット。

目標の体型・体重に到達したとします。

そこで今まで行ってきたトレーニングをやめてしまうと、その体型・体重は維持できるでしょうか。

 

 

パソコンのスキルを身につけて、速読もできるようになる。

そんな二刀流な通い方もできる札幌EZパソコンスクール。

ご興味のある方は教室スタッフまでお声がけください😄

 

ちなみに、本をたくさん読みたい方にもおすすめです(^^)/

 

就職転職を控えている生徒さんには特に、当教室に通うことで様々な強みを身につけていただきたいと思っています。

 

前の記事

教室での感染症対策