2010年頃からスマホの世帯普及率が上昇し、2016年で約72%にまで上がってきている一方で、パソコンは2009年の約87%を頂点に、2016年は約73%にまで下がってきているという統計が出ています(総務省情報通信白書平成29年度版より)。

それだけスマホでできることが増えていると言うことができるのですが、ビジネスシーンにおいてはパソコンスキルが必須であるのは変わっていません。ここでは、札幌のパソコン教室である札幌EZパソコンスクール&テストセンターが、そういった最近の傾向について説明していきます。

重要度が高まるスマホ

重要度が高まるスマホ

パソコンは1990年代後半~2000年代にかけて、一般家庭に普及していきました。当時はインターネットが登場し、情報収集などにおいてパソコンは必要不可欠なアイテムだったと言えます。

しかし、パソコンの普及が進む一方で、スマホやタブレットといったデバイスも急速に使われるようになっていきました。

パソコンよりも機動性に優れたスマホやタブレットは街中に持って出ていきやすく、またパソコンでなくてもインターネットを使用でき、音楽を聴いたり動画を見たりといった趣味の面でも、スマホやタブレットで事足りるようになりました。

SNSについても、話題のタイムリーさが重要なLINEやTwitter、画像や映像を共有し合うInstagramやTikTokなどの流行も、パソコンからスマホへの流れを強めているように思います。

社会でこれから求められるスキルは

社会でこれから求められるスキルは

スマホやタブレットでできることが増え、パソコンでなければできないことが少なくなってきているため、パソコンを持たずにスマホだけという人も増えてきています。

しかし、スマホやタブレットでもできるからといって、「やりやすい」わけではありません。プログラミングはもちろんのこと、資料作成や画像編集などの面においても、作業のしやすさはまだまだパソコンのほうが優れています。利用できる機能もパソコンのほうが多く、操作性も優れているため、ビジネスシーンではパソコンを使用することが多いのです。

これを踏まえると、社会人として今後はますますパソコンとスマホを効率良く連携して使用することが重要と言えます。すなわち、連絡事項やスケジュール管理はスマホ中心に作業してパソコンにも同期させ、一方で資料などの作成は基本的にパソコンで行って、スマホでも閲覧できる状態にするなどです。社会人としてキャリアアップを目指すなら、スマホとパソコンの両方を使いこなすスキルを磨くようにしましょう。

札幌EZパソコンスクール&テストセンターは、パソコンの基本操作から検定対策まで対応しているパソコン教室です。

札幌にお住まいの学生・社会人・シニア世代の方まで、パソコンに関する知識やスキルを身につけたいという方は、どなたでもご利用いただけます。スマホでできることはとても多くなっていますが、ビジネスシーンではやはりパソコンスキルが重要です。

札幌EZパソコンスクール&テストセンターは、パソコンの基本操作からビジネスで使えるスキルまで学べるパソコン教室です。スマホ講座も実施しているので、札幌でパソコンやスマホを使いこなしたい方は、ぜひお問い合わせください。

全くの初心者も通える札幌のパソコン教室

教室名 札幌EZパソコンスクール&テストセンター
住所 〒001-0024 北海道札幌市北区北24条西5丁目1 北24条西5丁目1−13 加賀ビル1階
TEL 011-707-1385
URL https://ez-pcs.net/